1泥ン ★2018/01/21(日) 01:57:30.70ID:CAP_USER9>>42
NEWSポストセブン 2018.01.17 11:00 
http://www.news-postseven.com/archives/20180117_644210.html 
ヤクザのお年玉は不景気のまっただ中 
http://parts.news-postseven.com/picture/2018/01/otoshidama_image.jpg 

 暴力団は「親―子」の疑似血縁制度を基軸とし、家族を模した組織だ。子である若い衆は、“親孝行”として上納金を納め、ひとたび抗争になるや親のために命を張る。忠義を尽くす子に対し、新年を迎えた時に親は「お年玉」を渡す──そんな特有の“文化”に今年、確かな異変が起きた。フリーライターの鈴木智彦氏がレポートする。 

 * * * 

 最大組織の山口組では古くから“親”が“子”にお年玉を配っていた。司忍六代目組長も2005年の就任以来、新年にはお年玉を配っており、そのポチ袋には「つかさ」と名前がある。平仮名なのは、“子供にも分かるように”という配慮だという。裏側には配った年も記されている。 

「中身は毎年5000円。金額云々は関係ない。親分が自分たちに気を配ってくれたということが、子には嬉しい」(某直参組長) 

 六代目山口組から分裂した神戸山口組では“分裂抗争”という危機的状況を抜け出していないからか、お年玉が配られたという話は聞かない。ただ、中核組織の山健組などは新年会にお年玉を配っているようで、金額はこちらも5000円前後だ。 

 第三勢力である任侠山口組では、織田絆誠代表と盃を結んでおらず親子関係が成立していないため、お年玉どころか正月行事が催されていない。 

◆今年は8割減 

 一次団体を支える傘下組織の親分たちがお年玉を配る例もある。同じく親から子への情を示す象徴的行事とされ、金額の多寡は問題にされないが、中にはけっこうな額を配っている親分もいる。 

 今年、一人あたり30万円のお年玉を配った組織があった。当事者たちに感想を聞いてみると、「俺らが運んだ上納金の一部がキャッシュバックされてるだけで、少しも嬉しくない」と冷めていた。実際、この組織は会費が高いことで有名である。特別な者にだけ、お年玉を配っている組織もあった。 

「若い衆全員に配るわけにはいかないけど、還暦を迎える者と、前年に頑張った数人だけ、多めのお年玉を渡している。具体的にいくらかって? それは想像にお任せする」(三次団体組員) 

 粘って質問を続けたところ、どうやら10万円らしい。該当者が10人いれば100万円だから、結構な出費だ。 

“現物”を配る組織もあった。 

「お年玉代わりといっちゃなんだが、全員に餅を配っている」(二次団体幹部) 

 なかには車をプレゼントする親分がいた。3年に1度の車検のタイミングで新車に乗り換える際、古い車をお年玉として若い衆に譲るのだ。お下がりとはいえ、親分の愛車だから高級車だ。しかし、当事者たちの評判は芳しくない。 

「車をもらったら、必ず乗らなくてはいけなくなる。気に入らない、趣味に合わないから売るということもできない」(別の三次団体組員) 

 景気の悪いここ数年、親分も車検の度に乗り換えることができなくなり、その習慣も途絶えた。今は組の新年会で、ポチ袋に入った現金がもらえるのだという。 

「親分から『すまん』と言われ、袋を開けたら1000円札が1枚だけ。去年までは5000円だったから8割減だ。組員の士気に響くけど、500円に下げられた組もあるから、札なだけマシと思うしかない」(同前) 
images (4)

 全ての組に取材をしたわけではないが、今年は金額が下がった組織が多く感じられる。 
【【悲報】ヤクザのお年玉8割減】の続きを読む

1サイカイへのショートカット ★2018/01/21(日) 02:23:34.87ID:CAP_USER9
現役復帰宣言の亀田興毅氏 「戦いたい相手は2人」 
1/20(土) 21:12配信 デイリースポーツ 
https://www.daily.co.jp/ring/2018/01/20/0010914849.shtml 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000116-dal-fight 

亀田興毅氏 
https://daily.c.yimg.jp/ring/2018/01/20/Images/f_10914905.jpg 

ボクシングの元世界3階級王者で「亀田3兄弟」の長男・亀田興毅氏(31)が20日、インターネットテレビAbemaTV「新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負 アフターストーリーSP」に生出演。元日に突然明らかにした現役復帰の意向について「亀田興毅の戦いを見せたい」と気持ちが変わっていないことを強調し、「自分の中では戦いたい相手は2人います」と明言した。 

衝撃の現役復帰宣言から19日が経過したこの日、MCの辻よしなり氏から発言の真意を問われると「叶うのであれば、プロのリングに最後もう1回上がることができれば。『バーニング・ハート』、オレの入場曲を応援してくれるファンに聴かせて最後、テンカウントゴングができれば」と1試合限定で復帰したい思いを訴えた。 

戦いたい2人に元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(ワタナベ)が含まれているのか聞かれると「あの試合は(敗戦に)納得している」と否定。「まあまあ、それは追々で」と具体的な名前は挙げなかった。復帰時期については「思い出の5月7日くらいにできれば」と、昨年の同日に同局で放送し、当時の最高視聴者数となる1420万視聴を記録した「亀田興毅に勝ったら1000万円」から1年後となる日を希望した。すでにトレーニングを開始しているという。 
news08-3269_pho01

興毅氏は今年元日に同局が生放送した「新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」のエンディングで「やり残したことがある。やらなければいけない試合というものがあるんじゃないかと。それがもしできるのであればもう一回リングに上がろうと。現役復帰しようと思います」と衝撃発言。現役復帰の意向を明らかにしながらも、詳細については「またお話させていただく」と余韻を残していた。 

世界3階級を制した興毅氏は2015年10月に4階級制覇を狙って米国・シカゴで河野に挑んだが、2回にダウンを奪われ、0-3判定負け。試合後の控室で引退を表明した。
【【亀田興毅】闘いたい相手は・・・・・!!】の続きを読む

1きつねうどん ★2018/01/21(日) 02:49:14.64ID:CAP_USER
「本能には逆らえない」とはよく言ったもので。 

マスターベーションをするとストレスが減少するらしい、というのは有名な話でしょう。科学知識を分かりやすく教えてくれるサイト「AsapSCIENCE」の動画によれば、これにはオーガズムのときに放出されるドーパミンが影響しているそうです。 

………で、です。<自慰行為とストレスの関係性>を頭に入れたうえで、アダルトサイト「Pornhub」のデータをみてみると、非常に興味深い。 

弾道ミサイル誤報によって 
ストレスを感じた「ハワイ」 
本題の前に、もうひとつ。 

去る1月13日、午前8時7分、ハワイ住民に向けて、あるメッセージが一斉に送信されました。 

「ハワイに向けて弾道ミサイルが発射されました。ただちに避難をしてください。これは訓練ではありません」 
21c03aa288e19dac5d36fff8e25ad0ea_400

予期せぬ事態に、「自分の人生はどうなってしまうのか?」と、たくさんの人が考えたことでしょう。幸い、このアラートは誤報だったけれど…。だからこそ、余計に困惑した人もいるかもしれません。 

3.11を経験した人なら、緊急地震速報のアラートを思い起こせば、その気持ちが分かるはず。不気味に鳴り響く“あの音”を耳にすると、やはり背筋が凍りついてしまいます。加えて、「間違いだった」というダブルパンチには、どうしても気が滅入ってしまうのではないでしょうか。 

緊急アラートは僕たちの命を守るためのもの、と理解しているうえで言いたいのは、聞いたときには不快感も覚えるということ。 

アダルトサイトに 
快楽を求めた「ハワイ」 

https://image.tabi-labo.com/medium/jp/140655/6416439346987008.png 

なが~い前置きも終わり、やっと「Pornhub」のおはなし。 

上記は、彼らのリリースで公開された、トラフィックに関するインフォグラフィックです。時系列でみてみましょう。 

08:07──弾道ミサイルの警報が一斉に送信される。 
08:23──通常の土曜日のトラフィックから<77%減>となる。 
08:45──アラートが「誤報」だったと発表される。 
09:01──通常トラフィックの<48%増>を記録する。 

もちろん、緊急速報を受け取ったあとに、アダルトサイトを見ようとする人が少ないのは、容易に想像できます。だけど、興味深いのは、誤報だと分かった途端に、通常に戻るだけでなく、それ以上に跳ね上がったトラフィック。 

「なんでだ?」という疑問が浮かび上がります。これは、無意識のうちに感じたストレスを解消しようと、アダルトサイトを見ながら「快楽」を求めた結果だったのかもしれません。おそらく、人間の本能がそうさせたのでしょう──。 

そこで、みなさんにこんな質問をしてみたいんです。 

「もしも、あなたがハワイで同じことを経験していたら、何をしていたと思いますか?」 

Reference: AsapSCIENCE 
Licensed material used with permission by Pornhub 

https://tabi-labo.com/286058/journey-porn-hub
【どんなにエゲツない性欲も、弾道ミサイルには勝てないと判明】の続きを読む

1 :  2018/01/17(水) 17:33:44.75 0.net
村本大輔(ウーマンラッシュアワー) @WRHMURAMOTO

この古ぼけた表札 

一瞬、女囚刑務所かと思った 
100d191f


https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/953430350201421824
【ウーマン村本、慶應義塾女子高校の門を見て「この古ぼけた表札 一瞬、女囚刑務所かと思った」→批判殺到】の続きを読む

13588_original
1:2017/01/28(土) 00:23:58.16 ID:CAP_USER9.net
男性客“総勃ち”! 女優・長澤まさみ(29) 衝撃の“M字開脚”に会場は興奮のるつぼと化した。、1月11日から上演されている初主演ミュージカル『キャバレー』で、衝撃のエロシーンが、観客のド肝を抜いている。 

 「1929年のナチス台頭前夜のドイツ・ベルリンのキャバレーを舞台に、長澤演じる歌姫の恋模様を描く舞台です。茶髪の長澤は、股間に食い込んだ革製のボンデージ風のハイレグに、胸元を大きくはだけたセクシー衣装で登場。ダンスの途中でハイヒール姿で椅子に座り、大きく股間を“ご開帳”するのです。言わば“M字開脚”。下半身の“具”が見えそうなほどの豪快な大股開きに、場内はストリップ以上の興奮に包まれ、男性客はまさに“総勃ち”状態です」(演劇記者) 

 長澤は股間を“あの状態”にしているという。 
 「ずばりパ◯パンですよ。このM字開脚シーンが一つのクライマックスですから、万が一、ヘアがハミ出たらシャレにならない。長澤は、周囲にあっけらかんと“アソコをツルツルにしてきましたから”と笑い飛ばしつつ、剃毛を告白していたそうですからね。たいした覚悟ですよ」(舞台関係者) 

 乳房も限界ギリギリとか。 
 「乳輪や乳首が見えそうなくらい胸元の谷間を露出する衣装もあるのですが、もし、ニップレスが露出したらプロとして恥ずかしいとの理由で、モロ見え覚悟でニップレスなしのまま着ているそうです。運がよければ、長澤の“神秘のピンク乳首”が拝めるかもしれませんよ」(同) 

 さらに舞台上でのディープキス連発もあるというから、すさまじいエロ攻勢だ。 
 「共演のイケメン俳優、小池徹平や個性派俳優、村杉蝉之介らと相次いでキスするのですが、それがすさまじくスケベなのです。小池や村杉の頭を抱えるようにして、自身の唇を何秒間も強く押し付ける完全なベロチュー。長澤の唾液が小池の口のまわりに光るほどです」(芸能記者) 

 長澤は昨年1年間、NHK大河ドラマ『真田丸』に、堺雅人が演じた主人公・真田信繁(幸村)の側室・きり役で出演。ヒロインという重要役だったため、放送期間中は男性問題やスキャンダルは御法度だった。 

 「1年間は静かにしていた長澤ですが、ようやく“大河縛り”が解けたことで、今年は男問題でも一気に暴走していくでしょう。'15年末までに破局したとされる伊勢谷友介のあとは、リリー・フランキーとの噂が報じられたくらい。とはいえ、女優界屈指の恋多き肉食女だけに、本命彼氏が登場するのも時間の問題でしょうね」(スポーツ紙記者) 

 そんな長澤には強烈に意識している女優がいる。新垣結衣(28)だ。 
 「新垣とは同じ美女系ということで、何かと比較され続けてきたため、長澤は強く意識しています。そんな中、新垣は昨年10月期のTBS系主演連ドラ『逃げるは恥だが役に立つ』が大ヒット。エンディングで披露した通称『恋ダンス』がブームになり、一歩リードした形になっているのです」(芸能関係者) 

 だが長澤も、巻き返しを狙っている。 
 「長澤は昨年末頃から、『恋ダンス』ブームに顔をしかめており、“恋ダンスになんかに負けないわよ”とばかり、打倒ガッキーを宣言しているとか。今回の『キャバレー』の舞台で、かなり激しく腰をセ◯クスのようにくねらせたり、Fカップ爆乳をぶるぶる揺らせる官能的ダンスを披露しているのも、ガッキー及び恋ダンス潰しでしょう。『真田丸』を終えた長澤と、『逃げ恥』を終えた新垣の、私生活での“恋合戦”も楽しみになってきました」(同) 

2017年01月25日 20時00分 
http://wjn.jp/article/detail/6181470
【記事タイトル【激写】 長澤まさみ(Eカップ)、ノーブラ時に撮られた画像がwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ